1月 給食室より

noimage

1月11日(日)は「鏡開き」の日です。「鏡開き」とは新しい年の神様にお供えしていた鏡もちを下げて食べることです。“切る”には“忌む”の意味合いがあるため木づち等で割って砕き“、汁粉やあられ”等にして食べます。保育園では1月9日(金)に『おしるこ』にしていただきます。

12月 クラスより

noimage

<空のへや> 調理保育での『すいとん作り』では、“玉ねぎ”は青組さんに切ってもらいましたが、少し涙目になりながらも頑張っていました。“ごぼう”はそのままの形を見た子が少なく、ごぼうと名称が一致していないお子さんが殆どでしたので、触ったり匂いをかいだりしてみました。すいとんはちぎったり、丸めたりしながら作り、みんなでいだだきました。たくさんおかわりをして大好評 ...

12月 給食室より

noimage

12月22日は冬至といって、夜が一番長い日になります。冬至には“かぼちゃ”を食べ、ゆず湯に入る風習があります。“かぼちゃ”や“ゆず”には、皮膚の健康を保つカロチンやビタミンが豊富に含まれているので、風邪予防になります。12月22日(月)の昼食に『ゆず香り和え』、おやつに『パンプキントースト』のメニューにしました。また、12月25日(木)のクリスマスの日の会食メニュ ...

ユーキャン刊「保育士講座会報 保育の手」にうめだ「子供の家」が紹介されました

noimage

会報 保育の手 2014年秋号 保育の現場から うめだ「子供の家」より抜粋 今回は、保育所では、日本で初めてモンテッソーリ教育を取り入れた、東京都足立区にある認可保育所「うめだ『子供の家』」を訪れました。モンテッソーリ教育に基づき異年齢保育が行われていることをはじめ、個性的な保育を実践しています。 会報をみる>>